金属アレルギーについて

「金属アクセサリーで肌が荒れる」と思ったら。

金属アレルギーは女性の方に多い症状なのですが、ブレスレットやネックレスにかぶれても、それほど気にせず身につけている方が多くいらっしゃるようです。
しかし、金属アレルギーは、放置すると深刻な症状に陥ることもあるので、軽く考えてしまってはいけません。

アレルギー症状とは、体内の免疫細胞がアレルゲン(アレルギーを起こす原因となるもの)に対抗しようとして反応を起こしている状態を指します。
つまり金属アレルギーの場合、その源となる金属を身に付けていればいるほど、免疫細胞の数が増えていきます。
それだけ症状も深刻化してしまうかもしれないというわけです。
これは金属を使った歯のかぶせもの、詰めものも同様です。

また金属は、お口の中で微弱な電流を発生させることがあります。
これが頭痛や関節痛の原因になったり、脳に影響を及ぼしたりすることもあります。

当院なら「リーズナブルな値段できれいに」できます。

金属アレルギーは、体に触れてすぐに出てくるとは限りません。
特に歯の詰めものなどの場合、ほんの少しずつ体内に影響を与えるものですから、なかなか「これが原因」と断定しにくいものがあります。
しかし、口内炎や味覚異常、しびれや痛み、ただれといった口内の症状があれば、金属アレルギーを疑ってみてもよいのではないかと思います。

人間は基本的に、すべてのエネルギーを口から摂取します。
その口の中に入れた歯のかぶせもの、詰めものに含まれた金属(水銀、ニッケル、パラジウム、コバルト)に体を害する原因があるとしたら、どうお感じになるでしょうか。
また保険診療で使用する「金銀パラジウム」という金属は、その大半が銀とパラジウムでできた合金で、口の中で腐食すると体内に重金属を少しずつ蓄積させてしまいます。

しかし、それらをセラミックに変えれば、金属アレルギーの心配はなくなります。
セラミック材料には一切金属が使われていないからです。
見た目も自然の歯と変わらなくなり、「自信に満ちた笑顔になったと言われた」という患者さまもいらっしゃいます。
湿疹やしみといった美容によくない要因がなくなり、体調もよくなったからなのかもしれません。
気になる方は、ぜひ一度銀歯をセラミックに変えることをご検討ください。

料金ページへ

心配な方はパッチテストを受けてください。

「もしかして自分は金属アレルギーかもしれない」という方は、皮膚科でパッチテストを受けてみてください。
かぶれやすい金属を使った十数種類の試薬を1週間ほど皮膚に貼り付け、経過を見てアレルギー症状を起こすかどうかを観察します。

西本歯科医院オフィシャルサイト

審美歯科専門サイト

ワンランク上の歯科治療ガイド

スルガ銀行のデンタルローン