西本歯科医院ブログ

2017.05.31更新

一般的な歯科治療では奥歯は銀歯になります。もちろん機能的に不十分なわけではありませんが、やはり審美的なデメリットがあります。

 

皆さんも経験があると思いますが、誰かと対面で会話をするときなど、無意識に相手の口元や笑った時に見える歯に目がいくものです。大きく口を開けて笑った時に、相手は意外に奥歯の様子を見ています。特に奥歯のかみ合わせ面の銀色の詰め物(インレー)や、歯のすべてを覆う銀色の被せ物(クラウン)はお口の中で目立ちます。

 

当院のセラミック治療は、前歯だけではなく奥歯の治療も可能です。銀歯を高品質なセラミックに変えることで、天然歯との区別はほとんどつきません。お口の中の印象もガラリと変わり、自然と笑顔にも自信が持てるようになります。また、セラミックの特徴として変色や摩耗が起こりにくく、強度にも優れているので、審美性以外にもおすすめできる利点があります。

 

長年入れていた銀歯が原因で、金属アレルギーになるケースも少なくありません。金属アレルギーは、体に接触してすぐに症状が現れるとは限りません。虫歯の治療に使われる銀歯などの場合、少しずつ体内に影響を与えることが多いため、すぐには金属アレルギーの原因であることに気付きにくいのです。

 

原因不明の不定愁訴が、奥歯の治療に使用されている銀歯が引き起こした金属アレルギーであることも考えられます。セラミック治療により、金属アレルギーを原因とする体調不良が改善された症例もあります。

 

大阪にある当院のセラミック治療は、あなたの魅力的な笑顔と健康な身体つくりをお約束します。

投稿者: 西本歯科医院

西本歯科医院オフィシャルサイト

審美歯科専門サイト

ワンランク上の歯科治療ガイド

スルガ銀行のデンタルローン